<第五話~運命を握る者~>

1/4
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/120ページ

<第五話~運命を握る者~>

 アオと出会った晩は、とりあえず彼にお風呂に入ってもらって(当然ながら、アオはシャワーなどもぬるい温度か冷水で浴びたがった)、今後のことを話し合うのは明日にしようと泊まって貰うことにした。  この時点で、いくつか分かったことがある。  例えば、彼にはおかゆと卵焼きをご馳走したわけだが――どうにも、根本的に食べる量が違うらしい。おかゆは三分の一程度、卵焼きも半分までしか食べることができなかった。ただ、嬉しいことに味の好みはだいぶ理音とも一致していたようだ。醤油が多めで少ししょっぱめの卵焼き(というのが、理音の好みだったせいだ)を出してしまったのだが、本人は大層気に入ってくれたのである。  そして、大事なことが一つ。  理音は彼を――そう、“彼”と判断していたのだ。見た目の性別というのは、セミロング程度の髪の長さと中性的で幼い顔立ちのせいで判別できなかったのだが、声が低いこと落ち着いた態度からそう考えていたのである。で、実際にアオ本人に聞いてみれば、“私は男だ”と彼自身も証言。それならば遠慮する必要もないだろうと、シャワーを浴びる時に操作の仕方を教える目的もあって一緒に参加しようと当初思っていたわけだが(なお、あそこまで冷水を浴びたがるというのは予想外であったため、というのもある)。  アオに、それは丁重に断られた。本人いわく、自分達は同性であっても他者に肌を晒すという文化がないのだという。同時に本人にこう言われた。 『多分、貴方達が思う“男性”と、私達の種族の“男性”は違うと思う。というか、違った記憶がある』  もしかしたら、外見的な身体構造にも大きな違いがあるかもしれない。なんせ、現状は理音はアオのことなど何も知らないに等しいのである。その外見と状況から、なんとなくそのまま世話を焼く行為を続けてしまっているが、本人にとって迷惑かもしれないことにまでお節介をするほど図々しいつもりはないのだ。  そしてその晩。一つの問題として浮上したのは、ベッドの問題。なんせ、理音の部屋に一つしか存在していないのだ。他の部屋にはしまいこまれた両親の敷布団なども存在しているが、なんせしまわれてそれっきりなので埃が積もっているのは確実である。というか、彼の部屋を取り繕うのなら倉庫化しているどこかの部屋を片付ける必要も出てくることだろう。勿論、その全てが今日中に終わるとは思えない。  かといって、彼にソファで眠って貰うのは非常に気が引けるというものだ。ここは自分のベッドを貸して眠って貰うべきか、でもあの部屋のごっちゃりぶりは人を招きづらいしどうしよう――理音がもだもだ悩んでいると。
/120ページ

最初のコメントを投稿しよう!