紅蓮の魔女

人里を離れ、獣を狩って旅する女性のお話です

oxygendes

13分 (7,505文字)
超・妄想コンテスト「赤」に向けて書いたものです。

6 109

あらすじ

人里を離れ、獣を狩って旅する女性。彼女はある宿命を背負っていました。

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

丁寧な文章と的確な表現で、とても読みやすかったです。

村人に見えない蜥蜴を植え付け、全ての村人が侵された時、魔女が姿を現す。おぞましい言い伝えです。旅をする女狩人アザミ。話しかけてきた青年を追い返し、その姿が消えてから、彼がくれた山葡萄を調べる。長年の警

呪いの少女と純朴な青年の間に紡がれる絆

短編という制約上、これからどうなるかという部分で終わっているため、長編で見てみたいと思いました。 呪いが身体に触れただけで移るという描写ですが、接触感染(汗や血液などの体液)によるもので手袋などの着用

この作者の作品

もっと見る