銀行強盗のすゝめ

一生を通して成長した、少年の物語。

20 245

7分 (3,883文字)
初めての投稿作品です。すぐに読める短編なので、ぜひ気軽に読んでみてください!

あらすじ

机の引き出しに大量の一万円札を隠し持つ男。 彼に何があったのか!?

キャラクター

タグは登録されていません

感想・レビュー 9

読了後、スッキリしました!とても面白かったので、これから追いかけていきます!

いじめられっ子の小学生が勇気を出していじめっ子に反論するのはとても良かったです。私もいじめられている時、はっきり言えば良かったなあ…。

とても面白かったです。

とても面白かったです。 昔、ある小学校の算数の時間で大きな数の割り算を教えるのに、「10人組の銀行強盗が銀行から一億円を奪ったが、そのあと自分の取り分を増やすために仲間割れが起こって次々仲間を殺してい

荒唐無稽な白昼―

イベントから拝見いたしました。(2019/8/30) 落語の『天狗裁き』を思わせる作りで、ころころと場面が変わっていき 荒唐無稽なドラマが描かれていく様が楽しいお話でした。 どの話も幼い目線で統一
もっと見る

その他情報

公開日 2019/7/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る