3

1/1
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

3

「少しは分かったか? お主の母親の気持ちが」 みけ猫に声をかけられ、俺は黙って頷く。 「あい……いや母さんも苦しかったんだなと思ったよ」 俺は絞り出すように声を発した。 「俺、何てバカなことをしたんだろう、相手の気持ちを知らないで」 後悔の波が心を押し寄せ、俺の目元が熱くなる。 死んだ今になって自殺したことを悔いるなんて…… 「人間の心は全て分からん、お主の母親が見せていたのは一部にしか過ぎん」 みけ猫は優しく語りかけた。 俺は身を屈めてみけ猫の体に両手を当てた。 「俺……母さんに言いたい……俺のために頑張ってくれて有り難うって」 俺は心から言った。 一言伝えないと気が済まない。 みけ猫は神妙な顔で俺を見据えた。 「お主はもう一度人生をやり直したいと思うか?」 「そんな事できんのかよ」 「ワシは神様じゃからな、できんこともない」 みけ猫は真剣な物言いだった。 この機会を逃せば後悔する気がしたからだ。 「頼む、俺にチャンスをくれ……じゃなかった下さい!」 俺は躍起になってみけ猫にお願いした。 再度生き返ったら、俺は自殺せずに懸命に生きる。 「二度と自死を選ばないと誓うか? また自死したらワシは助けんぞ」 「誓う」 俺は力強く言った。 「良かろう、お主を信じてお主が死ぬ前に時間を戻そう」 「何でだよ」 「死んだお主が急に生き返ったらあの場は大騒ぎになるからのう」 「言われてみればそうかもな」 みけ猫の意見に妙に納得してしまった。 棺に収まっている俺が起き上がったらやばいかもしれない。 みけ猫の目は再び黄色に輝き始めた。 「中村大雅、人生を大切にな」 俺の周囲は真っ白になり、足元が無くなり、俺は落ちていった。
/5

最初のコメントを投稿しよう!