4

1/1
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

4

目を開けると、見慣れた天井があった。 俺は起き上がって周囲を辺りを見回し、そこが自分の部屋だと理解した。 「今……何日だ?」 俺は机にあるデジタル時計を確認する。 三月二十五日、俺が死ぬ前日だ。 「凄いな、あのみけ猫」 俺は言った。 『みけ猫ではない、みけ神じゃ』 「うわっ!」 頭の中に声がして驚きのあまり俺は後ろに下がった。 姿は見えなくてもどこかで俺を見てるんだな。 俺は神様とか信じなかったが、俺を生きるチャンスをくれたからちょっとは信じようと思う。 『ワシはこれで帰るが、命を粗末にするなよ 家族を悲しませるんじゃないぞ』 「分かってるよ、サンキューな神様」 俺は礼を言った。 すると気配は消え去っていった。役割を終えた神様は帰ったって訳か。 俺は締め切られたカーテンを開くと、目映い光が差し込んできた。 「太陽ってこんなに綺麗だったんだな」 俺は感動した。 受験が終わり精神的な負担が減ったってのと、生き返ったこともあるからだな。 「大雅、そろそろ起きなさい!」 母さんの声が飛んできた。 母さんは仕事に行く前に俺を起こす習慣がある。 あの時の俺は寝たふりをしていたが、今は違う。 母さんの見えない部分を知ってる。だからいらついたりはしない。 俺は部屋を出て母さんのいる玄関に行った。 母さんは靴を履きいつでも外出できる状態だった。 「おはよう、仕事大変だろうけど無理しないでくれよ……それと」 俺は言葉を続けた。 「俺のために頑張ってくれて有り難う」 俺の言葉に、母さんは戸惑った様子だった。 俺はみけ猫……いやみけ神のお陰で人生をやり直すことができるようになった。
/5

最初のコメントを投稿しよう!