碧陽花火 (推敲入ります)

肩の力を抜いてもいいじゃないか。

29 253

3時間31分 (126,126文字)
人生何があるか分からないです。

あらすじ

都会から田舎の町へ。三十八歳で離婚して仕事を辞めた、御之坂碧陽。昔、旅行に行った海の町の“汐風荘”での生活。 疲れた彼女の休息は、どうなるのでしょう?

感想・レビュー 1

相変わらずの語彙力は健在の作家さま、

冒頭が美しく踊る情景。 小手先のテクニックではない語彙力をうまく大和言葉でまとめたりする。 立ち葵、紺碧陽、ビードロアオイ、碧陽。 どこまで考えて書いているのか。夜に咲く花のように、素晴らしい。現代劇

その他情報

公開日 2019/7/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る