【1】新人アソシエイトの受難

1/3
4205人が本棚に入れています
本棚に追加
/244

【1】新人アソシエイトの受難

「では、最後に我が東洋製薬HD(ホールディングス)の更なる発展ならびに、ご臨席たまわったご来賓の皆様のご健勝とご多幸を祈念しまして、私の挨拶と致します」  元会長の挨拶が終わったところで牧歌的なイントロが流れた。東洋製薬のマスコットキャラクターであるアヒルの子、ピヨたんのテーマソングだ。  入中陽向(いりなかひなた)は全身真っ黄色の着ぐるみの中に入った姿で、本日三回目のピヨたん音頭を踊った。  ――ピーヨピヨピヨ、ピヨたん、みんなのピヨピヨ、東洋製薬~♪  両手を高く上げてお尻をフリフリさせる。  コンサルタントである陽向が着ぐるみの中に入っているのには、ある理由があった。今日入る予定だったスーツアクターが食あたりで急遽、来れなくなったのだ。製薬会社の創業七十周年を祝う記念祝賀会で食あたりというのはきまりが悪い。  食あたり、水あたりに効く〝トリプルガード錠〟は東洋製薬の主力製品だ。ピヨたんの中の人が食あたりで倒れたことはすぐさま緘口令が敷かれ、ダンス経験のある陽向がこっそり中に入ることとなった。  大手コンサルティング会社(ファーム)に入社して三年目、二十五歳の若さの陽向でも、総重量が十キロある着ぐるみを被って踊るのはきつい。  ピヨたんの外側は手触りのいいふわふわの生地で覆われ、内側は形状を安定させるための発泡スチロールが詰まっている。誰が見ても着ぐるみの中はサウナを超える灼熱地獄だ。会場の外は七月上旬にもかかわらず三十度を超える真夏日が続き、空調の効いている飛天の間にいても涼しさは感じられなかった。  息が苦しい。体が重い。  陽向の汗はほぼ出尽くし、汗になり損ねた水のような体液が全身から出始めていた。
/244

最初のコメントを投稿しよう!