【4】その恋はズレ漫才

1/16
4205人が本棚に入れています
本棚に追加
/244

【4】その恋はズレ漫才

 帰りたい帰りたい、家に帰りたい。  毎日、月曜日の朝の気分だ。いや、日曜の夜か。鬱だ。資料作成のデスロードが終わらない。  陽向はハイランド・コーポレーションのビル事業部に関する業務調査に取り組んでいた。この数日間で社員のヒアリングを中心とした現状分析の報告や、収集した情報の評価、クライアントの要望とマッチングさせた業務分析など、百ページにわたるパッケージを作成して周防に提出した。  周防のレビューはすぐに終わり、真っ赤になって返ってきた。  比喩ではない。  本当にどのページも真っ赤だった。  これだけの量の赤を入れるなら周防が書いた方が速いのではと思ったが、それでは自分が仕事したことにならない。周防も嫌がらせで入れたのではなく、自分のことを考えて入れてくれたのだと充分に理解していた。この指導は愛だ。  だが―― 「……疲れた」  陽向は広いプロジェクトルームで一人、デスクに突っ伏した。  もう何日も家に帰っていない。ほとんど寝ずに、近所にあるネットカフェでシャワーを浴び、コンビニの弁当と栄養ドリンクでしのぐ生活だ。  頭がグラグラして息をするのも辛い。眩暈がする。  それでも目の前の作業をやめるわけにはいかなかった。  周防の怒号を思い出す。  ――クライアントがどれだけのフィーを払って仕事を依頼していると思っている。コンサルタントの単価を舐めるな。クライアントがわざわざ外部にコンサルティング・フィーを支払うのは、それ以上のバリューを期待しているからだ。自分でできることを他人に頼んだりはしない。我々にしかできないことをやらなければ、やる意味がない。  ――全ての作業にバリューを出せ。ただ、情報を集めるだけならリサーチャーでもできる。おまえが作成した書類は文字と数字の羅列にすぎない。資料(パッケージ)ですらない。一からやり直せ。
/244

最初のコメントを投稿しよう!