3

1/8
40人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

3

いよいよやって来た、バスツアー当日。 準備は万端。空は快晴。朝から夏らしいジリジリした日差し。大丈夫、日焼け止め塗った。 でも……コンディションは最悪だ。だって一睡もしていない。 昨日は新台入れ替えで、明け方まで仕事。家に帰ったのは5時前だった。なのにツアーの集合時間は7時。寝る暇なんてない。 いやいや、そんなことよりも! どうしよう、一緒に旅行なんて昇天しそうなほど嬉しい。でも、でも! いざ1日一緒にいるとなると、もう今からドキドキが止まらない。 え、バスもずっと隣!? キャー! 心臓破裂する! 彼の顔を見る前にドキ死しそうだ。え、ドキ死ってなに? 溺死の仲間? 「なに百面相してんの?」 頭の斜め上から、よく聞き慣れた声が響いた。 「あっ……お、おは、おはよう、ごまっ!」 ……噛んだ。 「ごま? 何それ」 からかうような視線を投げて、氷室さんは隣の座席にどっかりと座る。 「今日1日よろしくね、ごまちゃん」 眩し過ぎる笑顔がすぐ目の前に……って、あれ、バスの隣同士、思いのほか近い! やっぱり私、今日ドキ死するかもしれない。
/27

最初のコメントを投稿しよう!