第4話 それは伝説の生き物です

1/5
1829人が本棚に入れています
本棚に追加
/199

第4話 それは伝説の生き物です

 場所は変わって一階ギルド本部。  俺は木製の椅子に座らされ、目の前にはアワアワと行ったり来たりを繰り返すリーリーが。 「あああ、あと、包帯と、タオル!タオル持ってきて!?」 「えーと、縫いますか?縫います、よね?」 「マスター!どうすればいいのですか!?」  なんとも酷い慌てよう。視界の端から端まで行ったり来たりとものすごく鬱陶しい。 「もう大丈夫だって。お願いだからじっとしてくれない?」 「で、でもでも、凄い怪我です!」 「知ってるから!でも大丈夫だから!オロナインでも塗っときゃ治るから!」  と、そういえばこの世界にはオロナインの代わりはあるのだろうか? 「マスター!おろないんってなんですか!?」  遠くの方でリーリーの叫ぶ声がする。 「リリ、ちょっとは落ち着きなさい」 「はいマスター」  しょんぼりするリーリーを伴ってやってきたアシュレイは、テーブルを挟んだ正面に座った。 「それで、君を歓迎したいんだけど、その前に聞いておきたい」 「なんです?」 「君は一体何者だい」  吸血鬼だ。と、言って、果たして伝わるのだろうか。吸血鬼とはなんだい?と聞かれたら、人の血を飲む怪物です、なんて説明する事になる。 「えー、と。とりあえず人間ではない、ですね」 「それで?」 「本当は太陽が苦手なんですが、なんか大丈夫になりました」 「ふーん、で?」 「この通り、殆ど不死身といえるでしょう」 「それはわかった」 「あと、あんまり言いたくないんですが、」  なになに?と顔を寄せてくるマスターとリーリー。圧がハンパねぇ。 「人間を、その、襲っちゃいます」  バシィイン。 「いやあ、この人変態です!!」  俺の頬を打ち据えたリーリーが、ケダモノを見る目を向けてくる。 「いってえええ!?何すんだよこのクソガキ!!」 「あたしは今のは正当防衛だったと思います」 「俺なんもしてねぇ!!」 「発言にイヤラシさを感じましたっ」  睨み合う俺たちを、マスターが諌める。 「まあまあ、落ち着こうよ二人とも。それで、結局君は何者なんだ?」  すかさず右手を構えるリーリー。二発目は必ず避けると心に誓う俺。 「吸血鬼だよ!ヴァンパイア!人の血を飲むアレ!」  するとどうだろう。  あんなに騒がしかったリーリーが黙った。 「本当、ですか?」 「お!吸血鬼わかる?知ってる感じか?」  なんだ、なら最初からそう言えば良かった。 「マ、マスター、嘘ですよね?」 「さあ。でも言われてみれば、当てはまっちゃうよねぇ」  二人の反応がおかしい。 「どうしたんだよ?」 「吸血鬼は滅んだんですよ。1000年くらい前に」  ほう。それはまた、どういう事か? 「昔、この世界には人間とエルフやドワーフなんかの種族と魔物が、土地を奪い合って争っていた。ある時、吸血鬼達が現れて魔物を狩っていった。魔物の脅威に怯えていた人間やその他の種族達は吸血鬼に感謝し、それ以来争いをやめた。今現在、人間とエルフやドワーフ達が共に暮らしているのは、その時の吸血鬼のお陰だ」  なるほど。元いた世界では日陰者の俺たちだったが、こちらでは真逆の存在らしい。でも、滅んでしまったとはどういう事か。 「1000年前までは、吸血鬼達は人間と共存していたそうだが、ある時を境にいなくなってしまった」 「いなくなった?」  問い返すと、マスターは神妙に頷く。 「理由はわからないが、パタリとその存在が語られることはなくなった。それから今まで、吸血鬼が現れたという話は聞いていない」  理由は、気にはなるが。この世界には確かに吸血鬼が存在した。しかも、人間と共存していた。ならば俺は、ここでは自由という事にならないか? 「君が吸血鬼というのは信じるよ。たが、それは隠しておいた方がいいだろう」  もし伝説の生き物が実在していると知れたなら、それはいらぬ火種を生むかもしれない。俺もマスターの意見に賛成だ。 「わかった」 「よし、では今日は疲れただろう。ギルドの仕事は明日からにして、今日はゆっくりするといい」  にっこり笑うマスターに礼を言って、俺はとりあえず部屋に戻ろうと立ち上がる。  なんか楽しくなってきた。吸血鬼とバレなければそれなりに自由だ。太陽も怖くない。  およそ100年生きてきたが、こんなに晴れた気分は初めてだった。
/199

最初のコメントを投稿しよう!