第1話 異世界へ

1/4
1829人が本棚に入れています
本棚に追加
/199

第1話 異世界へ

 吸血鬼。それは強く恐ろしい怪物の代表みたいなものだ。夜道を歩く女を襲い、首筋から血を吸って殺す。  時にはコウモリに姿を変えたり、煙となって消えたり、なんだか不思議な力があったり。  さらにはこの世のものとは思えない、美しい容姿であるらしい。 「無いわ」 『ブフッwww、無いでござるな、海堂氏』  ヘッドホン越しに同意の声。俺はパソコンの画面に映る陰気な顔の寝癖だらけの自分を見ながら、もう一度呟く。 「無いわー」 『しかし海堂氏。君はまだマシでござる』  オンラインゲームを操作しながら通話中の相手、彼も吸血鬼だ。名は……なんだっけ?まあいいや。  とりあえずゲーム仲間のコイツは、ネチッこい声で言った。 『ぼくなんて、チビデブの白豚でござるよ。これでも吸血鬼、なんて、ヒヒッブヒヒwww』 「ごめんそれはさらに無いわ」  チビデブのまま容姿が変わらないなんてヤバすぎる。  そんな会話の元凶となったのは、目の前のオンラインゲームのせいだった。2人で物語を進め、さあラスボスだと期待にワクワクしていたら、なんとまあ古典的な吸血鬼が出てきたのだ。 「古典的過ぎるだろ。今時こんな、黒マントなんかするか?しないだろ」 『確かにwww』 「にんにくって、そういや最近食ってねえわ」 『ぼく氏は昨日餃子を食したでござるよwww』 「ああそう」  くだらねぇ。一気に冷めてしまった。俺たちは入手したアイテムを注ぎ込んで、そうそうにラスボスを倒す。弱い、弱過ぎるぞ吸血鬼。 「あー、疲れた」 『それでは今日の所は解散とするでござる』  おつー、と通話を終了。ヘッドホンを放り投げる。  家にいてもそれなりに不自由しない現代の日本に、俺はとても満足している。  人を襲わなくても食事はできるし、正体がバレるとか心配しなくてもいいからだ。  まさに理想の生活。ネットがあればそれでいい。  さて今日は何を食べようか。と、スマホを取り出したところ、家のチャイムが鳴った。  昨日頼んだトイレットペーパーが頭を過って、俺は「はいよ」と玄関のドアを開けはなつ。  ん?宅配の人、じゃないな。  ドス、と鈍い音がした。 「は、え?」  タラリと口から血が垂れる。俺の胸から白木の杭が突き出ている。 「吸血鬼、死ね」  目の前の人間は、目深に被った黒いパーカーで顔を隠し、憎悪の篭った声で言い放つ。  マジかよ。いつバレた?って、これ死ぬやつじゃん。  出血とともに身体から力が抜けて、俺は後ろへ倒れる。刺したやつは逃げて行った。 「はあ、はあ」  弱々しい吐息は俺のものか。等々死ぬのか。まあ、わりと長生きはしたから、悔いはない。それに便利だが代わり映えのしない毎日には、少しだけ飽きが来ていた。 「ふ、まあ、いいさ」  俺の意識は、そこでお終い。お疲れさんでした。
/199

最初のコメントを投稿しよう!