第2話 ギルド『隻眼の猫』

1/1
1829人が本棚に入れています
本棚に追加
/199

第2話 ギルド『隻眼の猫』

 少女の名はリーリーというらしい。連れてこられた木造の建物で、最初にあった筋骨隆々の厳つい男がそう呼んでいた。 「マスター、この人、身体強化魔法が凄いんですよ!」  その木造の建物の奥、酒場のようなカウンターに座っていた、ひとりの男に声をかけたリーリー。そのマスターとやらは、痩身の優男だった。奥様ウケしそうな甘いマスク、というやつだ。ただ、片方の目は厳つい眼帯に覆われている。 「どうしたリリ?お客さんは丁重に扱いなさい」 「お客さんじゃなくて、追い剥ぎさんです」  ちょい待て!俺は追い剥ぎじゃない!  ……ちょっと狩りをしようとはしたけど。 「ダメじゃないかリリ。追い剥ぎさんは警邏に引き渡さないと」 「でもでも、この追い剥ぎさんすごいんですよ!あたしのウィンドシャドウを避けるんですよ?」 「ほう。それは凄い」  あのカマイタチを避けるとそんなに凄いのか? 「あの、ちょっといいっすか?」  聞いていられないので、俺は恐る恐る口を挟む。 「なにかな?」 「俺、別に特別なことはしてないっすよ。まあ、人よかちょっと身体能力が高いだけなんで」  と、言うやいなや。俺は瞬時に身を引いた。頭のすぐ横を、銀色のものが通り過ぎる。 「うわあ、本当だ!リリの言う通りだね!」 「でしょ!?」 「ちょっと待てぇ!!今ナイフ投げたよな?投げたよな!?」  俺の横をすっ飛んでいったアレは、間違いなく小型ナイフだ。それは後方の壁に突き立っている。 「投げたけど、避けたよね?なら大丈夫!!自信持ちなよー」 「おいいぃぃ、なんの自信だコラァ!?」  ここはヤバいやつしかいないのか? 「いやはや私のナイフを避けるとは。私はクリスティエラ1のナイフ使い。その私のナイフをこんな至近距離で避けるとは……」 「泣き真似ウザッ!」  うっうっ、と顔を覆う姿なんてもう俺をバカにしているとしか思えない。 「あのさ、俺別に追い剥ぎじゃないし!ちょっと迷子になっちゃったただの旅人だから!」  苦し紛れの言い訳だ。でも好きだろう?異世界に紛れ込んだ旅人設定! 「ほう、なら君は旅人で、つまりはこの街で仕事をさがしてるんだね?」  マスター!?深読みしすぎて俺ついてけねぇ!! 「そうなのですか!?あたし、とっても失礼な態度でした!すみませんでした!!」 「ああああ!?」  話がどんどん俺の想定の範囲を超えて行く!! 「僕は大歓迎だけどねぇ。うちは中々に大所帯だけど、他のところよりアットホームで割と人気なんだよ?」  マスターはニッコリ微笑んだ。 「どうかな?君が良ければだけど、魔物討伐ギルド、『隻眼の猫』に入ってみない?」  ギルド。それはネットゲーマーにとって憧れの職業。そして敵は魔物ときた。 「それ、おもしろそうじゃん」  気付くと俺は、何故かとってもノリノリで。 「よーし。俺も魔物討伐に行っちゃおっかなあ」  なんて言ってしまったものだか、 「お!新しいギルドメンバー誕生だ!」 「やりましたね!マスター!」  というわけで、俺は目出度く?ギルドに所属することになったのだった。
/199

最初のコメントを投稿しよう!