第3話 入団試験

1/4
1829人が本棚に入れています
本棚に追加
/199

第3話 入団試験

「起きなさい!!」  ブワッと布団が捲られる。  さらに開け放たれるカーテン。 「おおおお!!それだけは!それだけはやめてッ!!」  カーテンなんて開けられたら、俺はどうなるかわからないぞ! 「なによ?」  シャッと無慈悲に開け放たれたカーテン。 「ぎゃああああ、あ、あれ?」  なんとも、ない? 「どうしたのよ?」  ものすごく不審な目で見る、不躾な少女リーリー。 「俺さ、太陽ダメなんだ。わかる?当たると灰になるの!でも大丈夫みたいだ」 「そりゃあ、灰になる人間なんていないもの」  そら人間は灰にはならないさ。だけど俺は違う。吸血鬼だ。吸血鬼は太陽光に弱い。日光に照らされて灰になった仲間を何人見てきたことか。 「奇跡だ」 「はあ?」 「日光に当たっても平気だ!」  俺はなんだかとても嬉しくて、ベッドから飛び出すと、そのまま窓を開け放った。  朝日にきらめく街並みは、夜の街灯に照らされるそれよりも鮮やかに見えた。闇に浮かぶそれらよりも、色鮮やかな世界。吸血鬼としての100年の間に、俺はこれほど綺麗な物を見たこがなかった。 「太陽って偉大だなあ」 「あなた、頭大丈夫?」 「おい!そりゃ失礼にも程があるぞ」  リーリーは眉を顰めたままだ。 「これ、あんたの服。着替えたら下に来て」  渡されたのは清潔な白いシャツと黒いズボン。随分と至れり尽くせりだ。  昨日の夜、この建物へと連れてこられた俺は、ノリと勢いでこの『隻眼の猫』というギルドに所属することとなった。  もう俺も受け入れようとは思っているが、ここは多分異世界。俺は死んで、異世界へとやってきた。  俺は言われたとおりに着替えを済ませて、階下へと降りる。昨日はこの建物の二階の部屋を貸してもらった。 「おはよう、リクくん」 「……おはようございます、マスター」  ニッコリと挨拶を交わす、隻眼の優男。ざんばらな肩までの髪を一筋だけ結んでいる。 「よく眠れたかな?」 「ああ、まあ、うん」 「それはよかった」  あくまでも人の良さそうな笑顔だが、この人は平気で他人にナイフを投げるような人である。俺は断じて、許しはしない。 「君は旅人と言うことだったが、一体どこからきたのかな?」  本当に人の良さそうな笑顔だが、けして嘘は許さないという圧力があった。まあ、人間が頑張っているなあ、と、俺はたいして気にもならないが。 「それは聞かないでくれるとありがたい。言っても信じてもらえないだろうしな」 「なるほど。まあ、このギルドにはそう言った訳ありな人も多いからね。今更気にはしないよ」  マスターは乾いた笑みでそう答える。 「でも、君を正式に受け入れるには試験が必要だ」  なるほど。高校や大学と同じということか。望むところだ。 「では、うちの勇猛なメンバーを紹介する。彼らに勝てば、正式にうちのメンバーに迎えよう」  勇猛というからには、どんな厳ついやつが現れるかと思いきや、出てきた3人はまあ、そんなに特徴のない人間だった。  一人は筋骨隆々の男。一人は長剣を二本下げた優男。最後の一人は、耳のとんがった長身の女だ。 「この3人と戦い、勝ったならばこのギルドの仲間に迎えよう」 「勝つ?それは殺してもいいってことか?」  肉体をかけた勝負をするのであれば、殺してもいいか聞いておくに越したことはない。俺はこれでも吸血鬼だ。人間ごときに負ける気はしないし、むしろ生かして勝つほうが難しい。 「君ね、ここは健全な魔物討伐ギルドだよ?殺しちゃだめでしょう」 「ああそう。先に聞いてよかったよ」  あっぶねぇ。殺しちゃダメなやつだった。 「ではさっそく、試合を始めたいと思う。ついてきてくれ」  マスターは、バーカウンターの奥の扉を開けて中へ入る。その奥の階段は地下へと続いているようで。 「もしかして怖気付いたのか?」  筋骨隆々な男が嘲るように言うものだから、俺はカチンときて、大人気なく言い返す。 「なに、俺がここへ入ったら、お前たちの負けが決まるんでな」  強がりである。精一杯の不敵な笑みを浮かべてみせる。 「不吉な赤い眼。お前はおれたちには勝てんよ」  3人が階下へと向かう階段を降りていく。  なるほど。俺の赤い眼を蔑むとは、いい度胸だ。これは俺の誇りだ。吸血鬼であること、誰よりも強い存在であることを証明するのがこの赤い瞳だ。 「なんとでも言え」  最後尾、俺は出来るだけ余裕のある顔をして階段を降りた。
/199

最初のコメントを投稿しよう!