prologue:僕は、スリ。

1/10
42人が本棚に入れています
本棚に追加
/61

prologue:僕は、スリ。

「君、スリだね?」  通勤ラッシュの荒波に揉まれる多賀(たが)の耳元で、そうつぶやいた男がいた。驚いた多賀は声の方を向く。三十歳ほどの、上品そうに微笑む男と目が合った。  背広も靴も鞄も値が張りそうな品で揃えた男だったから、もし声をかけられなかったとしても、少々目立って見える。男は多賀の歩調に合わせて歩いているのか、ぴったりと多賀についてきた。 「なんですか」  多賀は眉をひそめて言い返した。男はニヤリと笑って、多賀の胸を指差す。胸ポケットか、あるいは内ポケットを指しているのか。  明らかに怪しい男でしかない。  多賀は男を無視してエスカレーターに乗った。  男がエスカレーターで隣にくっつきにくるとは考えにくいうえ、一瞬でも離れてしまえば、振り切るのは容易い。  ひと月前に異動で初めて首都圏に足を踏み入れ、身をもってラッシュの恐ろしさを知った多賀は、そう確信していた。  しかし、ほっとしたのもつかの間、すぐ後ろに、男の独特の気配を感じた。多賀は小さく舌打ちをした。  そっと振り返ってみた。下りのエスカレーターだったから、男の顔は多賀よりかなり高い位置にある。男は、すました顔で前を向いている。多賀はだんだん腹が立ってきて、 「気色悪いですよあんた」  吐き捨てるように言った。 「スリに言われたくないな」  男は余裕綽々だ。多賀の苛立ちが倍増した一方、少々不安にもなってきた。 「なんですか。あんた警察ですか」 「警察じゃないよ」 「じゃ、僕を警察に突き出すんですか」 「しないよ」 「なら、僕に……」  言いかけたところで、急に靴が地面に引っかかった。いつの間にか、エスカレーターの終着点に来ていたらしい。  多賀は憮然とした顔で、また人の波に飛び込んだ。電車を乗り換えても、男は多賀についてくる。薄気味悪い。 「……僕の職場までついてくるつもりですか?」 「いや、こっちも働いている身なんで。これがたまたま通勤ルートなんだ」 「僕に何をしたいんですか」  エスカレーターで聞きそびれたことを聞きなおす。男は、混雑の中で器用に肩をすくめた。 「いや、別に、ちょっと君がスった財布を見たいなぁって思って」  無礼すぎてちょっと引いた。
/61

最初のコメントを投稿しよう!