【24歳 夏】

1/3
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/24

【24歳 夏】

 踏み締めた砂利が耳障りな音を立てて、沈黙を埋めていた。墓石の間に作られた小道を進みながら時折来た道を振り返りつつ、それでも迷いのない足取りで少年が歩いている。その後ろー三人分離れた距離ーから先行く少年の靴音を頼りに、青年が重い身体を引きずるように同じ道筋を辿っていた。青年の息遣いは荒く、顔からは血の気が引いていた。項垂れ、鼻や顎の先から大量の汗が滴り落ちる。 「兄貴、ほんとに大丈夫?」  心配そうな声が降ってきて、青年はゆっくりと顔を上げた。数歩先で立ち止まった少年が青年を見下ろしている。 「……大丈夫」  遠くに聞こえる蝉の合唱にも掻き消されそうなほどか細い声で、青年は吐息混じりに答えた。言葉とは裏腹に、微笑みかけた口角が引き攣って辛さを露わにしている。 「あんまり無理するなよ」  少年が怪訝そうに言うと、青年は困ったように笑って、 「ごめんな」  とつぶやいた。  少年は心配の色を見せつつも諦めた様子でため息をついて、再び小道を進み始めた。青年も自分を奮い起たせるようにゆっくりと深呼吸をして再び後を追う。
/24

最初のコメントを投稿しよう!