兵站貴族

近世の西ヨーロッパをモデルにした架空世界で、兵站担当将校の戦いを描いています。魔法も魔物も美少女も出てきません。

22 47

ファンタジー 連載中
2時間29分 (89,103文字)
2019年の日本ファンタジーノベル大賞に応募した作品のスピンアウトです。

あらすじ

帝国歴1550年1月。 アルソウム連合王国の1個連隊が同盟国への出動を命じられた。行き先は海を越えたグディニャ君主国最大の海港都市、イグリム。しかしアルソウム連合王国は、海を越えての軍隊派遣など久し

シリーズタグ

感想・レビュー 2

グウィルの本格的な活躍に注目しています。

洒脱で読みやすい文章です。訓練に熱心な部隊に対して、まず弾薬の心配をするグウィルが、彼の職責と性格を描写しています。でも、決して規律一辺倒の人間ではないと、大学時代の奔放さで説明する。自然な流れで、キ

小説? むしろ設定集かな。

設定集と思えばおもしろい。つか、すごいなー。 よくここまで設定つくったものだとびっくり。 ただ小説という感じはしない。文体も内容も。 硬い文体がダメってわけじゃなく、設定ばかりだなという印象。ひたす

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る