北の郷土料理女子、宇宙人をご案内

地方育ち郷土料理女子が立ち向かうは個性豊かすぎる宇宙人たち。郷土料理は宇宙人と、そして大切なものを繋ぐ。

13 27

3時間19分 (119,158文字)

あらすじ

北海道オホーツク沿岸の町で生まれ育った鈴野原咲空は、札幌でバイト先を探して『ソラヤ』へ辿り着く。強引にはじまった面接試験。その内容はお客様を案内すること。しかしそのお客様はイケメン――ではなく、イケメ

感想・レビュー 1

この後に出る料理も“飯テロ級”だと予感させます

食べ物の描写にシズル感があります。最初に登場する月寒あんぱんが美味しさ満点の表現なので、この後に出る料理も“飯テロ級”だと予感させます。咲空が『ソラヤ』を探す冒頭で、舞台である北海道の寒さと、広大さも

この作者の作品

もっと見る