【03】消えた殺人鬼

1/9
381人が本棚に入れています
本棚に追加
/283ページ

【03】消えた殺人鬼

「96(キューロク)」とは、警察組織が非公式に作った非合法チームである。  警察が法の番人という立場である以上、どのような理由があるにせよ法律に反する行為は認められない。  例えば、どんなに重要な証拠であっても入手方法が違法であった場合は、裁判において採用されないように。  しかし相手が狡猾(こうかつ)な悪党であるほど、法を遵守(じゅんしゅ)することが証拠集めの際の障壁となってしまうこともある。  そこで違法行為も含めて手段を一切選ばずに捜査協力をする非合法チーム「96」が、密かに発足(ほっそく)されたのだ。  構成メンバーは警察のみならず、あらゆる分野からずば抜けて優秀な能力や技術を持つ人材が慎重に集められ、現在は班単位に分かれて作戦にあたっている。  言うまでもなく、その存在は絶対に世間に知られてはならないことから、関係者には徹底した緘口令(かんこうれい)が敷かれていた。  そのため警察組織の上層部であっても「96」の存在を知る者は、創立メンバーを含めてごくわずかしかいない。  つまり「96」の班員が任務中に大手柄をたてたとしても、命を落とすことになっても、その功績や損失が世間に公表されることは一切ないのだ。  また「96」の存在を知った者は、法の(もと)で再び社会の一員として復帰することは不可能とされている。
/283ページ

最初のコメントを投稿しよう!