砂漠の神殿

1/24
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/24

砂漠の神殿

灼熱の太陽が、容赦なく照り付ける。 どこまでも続く広大なカヘラ砂漠を、一人の少年がよろよろと歩いていた。 ズボッ、ズボッ、 一歩ごとに砂に足が埋まる。 その足を引き抜き、一歩踏み出すとまたズボッと砂に足が埋まった。 もう何度繰り返したか分からない。 (方角は合っているはず……) 手で日差しをよけながら、少年は左手に持った方位磁石を見つめた。 磁石は北西を指していた。 少年は、磁石を懐にしまうと、指先に布にくるまれた包みが触れた。 少年は懐に入っていた包みを大事そうにひと撫ですると、再び砂漠を歩き始めた。
/24

最初のコメントを投稿しよう!