どうかまた、会えますように

宝石の星に降りた。見知らぬ星なのだから、もっと注意しなくてはならなかったのに。後悔と一緒に、どんどん危機に陥ってしまう。

8 88

SF 連載中
1時間11分 (42,079文字)

あらすじ

地球が消えてしまった。君を乗せたまま。 僕はずっと君を探している。宇宙を航海しながら。 隣に誰かがいても、僕はずっと君のことばかり。 途中で若返りの星と出会い、寿命を数十年延ばしたけれど、それでも地球

キャラクター

タグは登録されていません

感想・レビュー 1

「こんなもの、なくたって生きていけるのに。」か・・・・

「こんなもの、なくたって生きていけるのに。」 1ページ目のこの言葉で考えさせられてしまいました。実は今仕事(小説では食えないので本業の方)で挑戦的な課題に挑んでいるのですが、それがあまりに難解な資料を

その他情報

公開日 2019/7/20

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る