ほろ苦アフォガード

大事なことを教えてくれたのは、話したこともないクラスメイトだった。

93 683

恋愛 完結
14分 (7946文字)
超・妄想コンテスト 第106回「ひんやり」参加作品

あらすじ

…欲しかった。 明るい家庭。 温かい料理。 溢れる笑顔。 そういう普通のことに ただただ憧れて そして、とっくに諦めた。 だけど… あの夜に声をかけてきたあなたは 私の生き方

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

最初はほろ苦く、中身はあまーい二人の関係

とても裕福な家庭に生まれたのであろう七瀬ちゃん。前半の彼女の弁は、お世辞にも共感できるものではなく、それどころか嫌悪感すら覚えてしまいそうなものでした。 しかし其れは驕り高ぶったものからでは無く、本

その他情報

公開日 2019/7/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る