1/1
455人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

 ――夢を見た。彼の夢を見た。  彼が私の前に現れる夢。  それも文官としてではなく騎士として。  ああ、だめ。騎士になって私の傍にいると、あなたは死んでしまう。だからダメ。来ないで。私を見つけないで……お願いだから。 「ファシー、起きろ。俺は森に行って薬草採ってくるからお前は店番。早く起きろ」  柔らかなリネンを剥ぎとられ、何度も揺すられ起こされる。今日はこのまま寝ていたいのにそれを許してくれない。 「嫌。……起きたくない」 「なんで? どうした?」  私を叩き起こそうとしていた大きな手は、泣いている私の頭を優しく撫でる。 「嫌な夢を見たの。……泣きそう」 「もう、泣いているだろ。大丈夫だ。俺と師匠で守ってやるよ。誰もファシーをいじめないから」  その呆れたような声に鼻をすする。 「……見たの。あの人が来る……どうしよう。どうしたら良いのかわからない」 「そうか。でも、会ってもわからないかもな。ファシーがここに来て五年だ。もう子供じゃない。あの頃の面影はあっても、わからないかも知れないだろう。過ごした環境が違うと人は変わる。もし会ったら記憶喪失の振りでもしてろ」 「……記憶喪失」 「ああ。それに家に引きこもって外に出なきゃ会わないだろ。婚約者だっけ?」  トーヤの言葉に寝台から起き上がる。 「……元、婚約者だから。師匠は?」 「王宮。しばらくは戻らない。ほら、一階に下りるぞ」  そう言うと、トーヤが私を軽々と抱き上げる。 長身のトーヤに抱き上げられるのは、いつまで経っても慣れない。  五年前、川に流された私は奇跡的に生きていた。良く生きていたなと、我ながら驚いた。  流れついたのは、住んでいた国から遠く離れた竜人達が暮らす国。  脆く弱い私達人間とは違い、皮膚も固く寿命が長い竜人は最強と呼ばれていた。  そんな竜人の国で私は暮らすことになった。  私を拾ってくれたのは、黄金の髪と瞳を持つトーヤだ。  見た目は人間で言うと二十代。  だが、竜人の年齢だと二百歳を少し超えた所だと言う。仕事は薬師と医術師。怪我や病気を治癒し薬を調合している。  強固な肉体を持つ竜人の治療は需要が無いらしく、ほとんどが他国へと売りに出す丸薬を作っていた。  そして驚くことに、トーヤは竜帝の三番目の息子。所謂、王太子の身分だったりする。  トーヤが言うには、王位継承権は持っているが、長兄が優秀すぎるため絶対に王位は回ってこないらしい。  そんなトーヤは自由に育ち、現在は市井の一角で店を構えていた。その店を私も手伝っている。  そして、もう一人の恩人はトーヤの師匠に当たるミセイさん。  とても綺麗で凛としている女性だ。同性ながら憧れてしまう。  王宮の侍医が本職で、たまにこの店に戻り、私に色々教えてくれる私にとっても師匠だ。  師匠は人間の歳で三十代に見えるが正確な年齢はわからない。  トーヤ曰く聞かない方が良いらしい。絶対に年齢の話題を出さないようにと何度も念押しされた。  そんな師匠はしばらく王宮でお仕事だという。 「ごめんね、いつも運んでくれて」  毎日のように私を抱え、階段を上ったり下りたりしてもらう手間を考えると、いつも申し訳ない気持ちになってしまう。 「気にするな。人間のお前なんて林檎みたいなもんだ」  ……林檎って。そんなに軽いんだ。竜人の腕力って良くわからない。 「焦らなくても、もう少し頑張れば普通に歩けるようになるさ」  軽い口調で何でもないようにトーヤは言う。 でも、私は素直に頷けなかった。  あの濁流に流された私は無傷では済まなくて、一年間は寝た切りの生活。その後、三年かけて動けるまでに回復した。  日常生活はおくれるが、右足は今でも治療を続けている。歩くことは出来るが長時間は難しく、階段の上り下りも時間がかかる。  トーヤには迷惑をかけまくりだが、一度も嫌な顔をされたことはない。 口は悪いけど優しいトーヤはお兄さん的存在。  実の兄様達をたまに思い出すが、嫌な思い出も蘇るから思い出さないようにしている。 「飯は用意してある。客は来ないと思うが、何か問題が起きたら笛を鳴らせ。良いな」  トーヤが何回も念を押した。  確認するように首に下げている銀色の笛に触れる。  それは、トーヤ達に助けられるとすぐに渡された物。肌身離さず寝る時も付けているようにと何度も言われていた。  この笛を吹けば、必ず誰かが助けに来てくれるらしい。だが、幸いにも使ったことは一度もない。 「わかった。大丈夫だよ。気を付けて行って来てね」 「ああ」  まるで夫婦のような会話だが、私達の間に恋愛感情はなかった。どちらかと言うと家族のような関係。  なぜなら、トーヤは番を亡くしている。竜人にとっては命と同等の存在を。  トーヤが出て行くと着替えるために歩き出す。  だけど嫌な夢を見たせいか身体が重い。机や壁に手を付きゆっくりと進む。  顔を洗い着替えると台所へと向かった。  そこには、大きな鍋いっぱいにカボチャのスープにライ麦パン。こんがりと焼かれたソーセージが皿の上に置かれていた。それも大量に。  人間の私には何度多いと言っても、トーヤは笑いながら同じ量を作る。これも後で全てトーヤの胃袋におさまるのだろう。  食べられる分だけ食べ終えると、台所の隣にある店へと向かった。  窓が一つだけのほの暗い空間には、いくつもの飾り棚がある。そこに置かれているのは透明な瓶に入った薬草の数々。  この国だけではなく、寒い雪国から暑い南国まで、古今東西様々な場所から集められた希少性の高い薬草がある。  それは高値で取引される薬草だが、誰も攻めて来ない竜人の国では使い道が無く骨董品扱いだ。 「さてと、掃除でもしようかな」  一応、薬屋を名乗ってはいるが、頑丈な竜人は滅多に訪れない。 客が来ても、対応は全て医術師として名高いトーヤが受け持っている。  私が手伝えることは、ほとんどが掃除と雑用。それに簡単な怪我の手当てくらい。  薬瓶を一つずつずらしながら丁寧に拭いていく。これが私の毎日の日課。  トーヤと師匠は何もしなくても問題ないと言うが、他に出来ることがない。たまにトーヤが作る丸薬の手伝いをするが、はっきり言って役に立っていないと思う。  作った丸薬は、トーヤが不定期にどこかへ売りに行っている。詳しいことは教えてくれないから私も聞かないことにしていた。  ガラス瓶を手に取り布で拭いていると、夢を思い出す。  五年前に死ななかったと、生きていたと感じた瞬間に「忘れる」と誓ったあの人のことを。 「……嫌だな。会いたくない」  不安だけが押し寄せてきて、また泣きたくなる。  この五年間、竜国に関する夢は何度も見た。  その度にトーヤと師匠に報告した。  あの二人は、私のこの力を気味悪がったりしない人達だった。最初、伝えた時、その適当さと明るさに拍子抜けしたほど。  どうやら竜人の国にも、私のような未来を見る人がいたらしい。そのせいか免疫があるらしく、特に何とも思われず普通に受け入れられた。  そんな中、彼の夢を見た。  夢見は今まで一度も外れたことがない。 ずっと考え込んでいると、心がもやもやして胃が痛くて気持ち悪い。 「会ったらどうしよう。……でも、トーヤが言う通り、私だとわからないかも知れない」  ふと近くにあった鏡を見つめる。  ぼんやり映るそこには、アメジストの瞳で不安そうな顔をしている自分の姿。  長かった髪は肩まで揃えられ貴族の令嬢には到底見えない。社交界にこの髪で行けば、間違いなく皆が顔を顰めるだろう。  しかも治療が長引き、寝た切りの生活が長かったせいか体力が落ちた。 身体の線も細くなり健康とは言いにくいほど痩せた。  ほとんどが骨と皮に近く、みすぼらしく見える。  もう一つある大きな鏡に近寄り全身を映す。 「……貧相な身体。少しでも健康体に近づけなきゃ。でも、この傷は……治らないかな」  私が気にしているのは髪で隠しているおでこの傷。  川で流された時に、岩か木材に当たったらしく抉られたらしい。その傷は深く、一生消えることはないと師匠に言われた。  師匠やトーヤは、そのうち綺麗に消える薬を見つけると元気づけてくれたが、その言葉だけでも私は十分だった。  私を心配してくれる二人の存在が何よりも嬉しいから。 「これでも薄くなったから問題ないのにな……」  一つため息を吐くと、また掃除を再開した。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!