1日目「出会い」

1/3
80人が本棚に入れています
本棚に追加
/101ページ

1日目「出会い」

 そう。今思えば、この結末は当然だった。  彼女とは出会いの瞬間から、別れまで、それによって繋がれていたのだから。  だから私は命一杯の笑顔を作った。  一度空になった頭の中に、じわじわと感情が溢れ始める。  そうしてすぐに、喪失感と悲壮感と。愛おしさで満たされた。 「行ってらっしゃい」  私はもう一度静かに呟いた。  これは私と彼女が出会い、そして別れるまでの、ひと夏……。三十日間と少しの話。  この話には、湿度にまみれてねっとりと纏わりつく空気と、断続的に脳を揺らす激しい蝉の音が、よく似合う。
/101ページ

最初のコメントを投稿しよう!