自覚

1/10
5583人が本棚に入れています
本棚に追加
/143

自覚

家に帰って、すぐに美咲に電話した。 「早速、電話で報告なんて!盛り上がってるね〜。」 「別に、全然盛り上がってなんかないけど〜」 「美咲でしょ?盛り上がってるのは。」 「まぁ、こっちはほどほどに、 それより、瑛太くん? どう?どう?どんな感じ? アプローチしてつき合っちゃいなよ〜」 「簡単に言わないでよ〜! 瑛太は全然そんな気ないよ、たぶん。」 「でも、今日一日ホント楽しかった〜。 やっぱり瑛太のこと好きなのかな? ちょっとだけ、意識しちゃったかも…。」 「今さら? そんなの最初から知ってる! みのりは瑛太くんがいるから、他の人と続かないの。自分で分かってなかったの? ちょっと鈍すぎ〜。」 美咲の言葉にギクリとした。 「向こうはただの幼馴染みとしか思ってないよ、家族みたいなもんだって言ってた。」 自分では瑛太のことなんか忘れたと思ってたけど、 本当は忘れるはずなんかない。 だって、この街もこの家も瑛太との思い出でいっぱいだ。 子どもの頃のアルバムは、瑛太と私の笑顔で埋め尽くされている。 私の思い出は、ぜんぶ瑛太で溢れかえっているんだから。 ガラス細工のうさぎを指先で撫でながら、 複雑な気持ちを抱えた私は、大きな溜め息を吐いた。 昨夜眠れなかった所為か、急に眠気がやってきた。 眠りに陥ちる寸前に、 優しく笑う瑛太の顔が浮かんだ・・・。
/143

最初のコメントを投稿しよう!