お久しぶり

1/6
5583人が本棚に入れています
本棚に追加
/143

お久しぶり

商店街を後にして実家前に到着。 我が家を見上げる、 私が生まれるずっと前に建てられた古い家。 そして、隣家に目をやると、 隣家も同じぐらいの築年数、だけどウチとは対照的の和風の家。 なんだか古家に不似合いなぐらいピッカピカの大きなSUVていうんですか? 外車が停まっているんだけど。 高いんだろーな、きっと瑛太だよね? まさか、おじさんは乗らないよなぁ。 そんなことを思いながら、 とにかく数ヶ月ぶりの我が家へ。 「ただいまー、 お久しぶりでございます!お母さま。」とふざけて言う。 母は眉を吊り上げながら、 「何が、お母さまよ! この親不孝の音信不通娘がー。」 「いやいや、便りの無いのは良い便りって言うでしょ?」 にへっ!と笑う私に母は、 「へーっ、じゃあ良い便りあるんだ? 彼氏できたの?」 私は分かってるくせに!とムッとしながら、 「私は元気です!という意味で。」と。 「あぁ、子どもの頃から元気だけが取り柄だもんねー、風邪ひとつひかない子だったわねぇ」と笑う母。 なんだかんだで仲の良い親子です、私達。
/143

最初のコメントを投稿しよう!