デートなの?

1/7
5581人が本棚に入れています
本棚に追加
/143

デートなの?

午前8時50分、あと10分。 最後のチェックを鏡の前で行う! にっこり! スマイル〜、 唇もツヤツヤ、なかなか良いんじゃないの? にんまりと笑う私。 背後から ぶーっ!と 母が吹き出す。 「あんた何?百面相、キモいキモいー!」 見られているとは思わず、耳まで熱くなった。 「な、何見てんのよー!」 「見えたのよ!勝手に。 鏡の前でヘラヘラ笑いながら、くねってる我が娘がね〜(笑)」 もーっ! 熱い、顔から火が出そうだよ。 母は笑いながら 「楽しんできなさい、瑛ちゃんとドライブ行くんでしょ?」 「何で知ってるのー?」 「何でって、 今朝、瑛ちゃんから電話があったわよ。」 そうなのか! ま、隠す必要も無いか? ただの幼馴染みだしねぇ。 そんなことを考えている私に母が、 「すっごい美人のお嬢さんだわぁ〜、 歩けば、みんなが振り返ること間違い無し!」 と私を揶揄う。 私も母を睨んで、 「そうね、きっと美人のお母さんがいるんじゃないですかね?」とふざける。 ホーッ、ホッホッホーっと高笑いする母。 そこ否定しないのか〜!
/143

最初のコメントを投稿しよう!