黄昏ルミネセンス

さとりの少女が怪異に遭遇していく※グロ、性的な描写があります

44 424

現代ファンタジー 完結 過激表現
2時間49分 (100,952文字)
楽しんで頂ければ何よりもの喜びです!皆様のお支えに感謝いたします!

あらすじ

さとりの少女、金扇八喜子《かねおうぎやきこ》は人の心が光の色で見えていた。 ある日出会った人外には何も見えない、何もない。 しかし人外が自分の体液に興奮するようになる。 そこから始まる恋もある。 そ

サブジャンル

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

その他情報

公開日 2019/7/25

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る