君と僕との距離

君との距離を縮めたいーー! 花火が上がる、その瞬間。

8 78

青春 完結
1分 (524文字)
半分実話で、半分フィクション。

あらすじ

超・妄想コンテスト『人ごみ』用に書いた、短編小説です。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

青春の一コマをぎゅっと詰め込んだ胸きゅんストーリー

ずっと友達のふりをしてた〝僕〟は、勇気を出して彼女を花火に誘います。 クラスメイトを見つけて隠れてしまうくらい、曖昧な関係性の二人。 近くも遠い距離感は、読んでる側もドキドキさせられます。 友達の一

続編希望!

読んでいる最中は胸がドキドキで、読後はキュンとしました! 続きが気になる作品です!

その他情報

公開日 2019/7/25

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る