うろこ雲

色褪せた王子うろたえるだけ 私の言葉は淡々と あの娘の言葉を借りるならば 魔法にはリミット(『ガラスの靴を砕いて』より)

6 40

13分 (7553文字)
朝・夕に書いた詩の置き場です。真面目度高し。更新して読み返しては、『よし、今日も大丈夫だ!』と確認する場σ(^_^;)

あらすじ

イメージ画像………うろこ雲じゃないけど、こんなイメージの内容になればいいなーと。 いや、余計なことは言わんとこ。 9月某日 「ゆえに我思う」が、重い仕上がりになってしまったので、『乳酸菌いんりょ~』

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/7/26

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る