1

1/1
331人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ

1

「梛原おはようっ!」 「ぐぇ!」  朝から元気よく俺、梛原貫太(なぎはらかんた)の背中に飛びついてきたのは、高校に入って一番に仲良くなった生田奈央(いくたなお)。そして必ずその後ろに付随して立っているのが、 「おはよう、梛原くん」  俺と奈央から頭ひとつ飛び出た長身の、室屋成一(むろやせいいち)。 「奈央、そんな風に走っちゃダメだよ。倒れたらどうするの?」  綺麗なラインを描く眉が、心底心配げに下がった。だけど、そんな心配な気持ちは少なからず俺にも分かった。  高校生男子としては些か小柄である生田は、幼少の頃から体が弱く、何度も救急車のお世話になって来たのだという。そんな生田をずっと側で助けてきたのが、同級生で幼馴染でもある室屋だった。 「このくらい大丈夫だって、誠一は過保護だなぁ」 「そんなこと言って、先週部屋の片付けしただけで気分悪くなって寝込んだの、誰?」  むぅ、と黙り込んだ生田の頭を、室屋が慰めるように優しくなでた。  いつも寝癖が付いてる俺とは大違いの、適度に整えられた清潔感ある黒髪と、真面目そうに見える黒縁メガネ。着崩されることなく着用されているシャツは真っ白で皺一つなく、伸ばされる背筋が余計に綺麗に見える室屋の立ち姿。  今時珍しい学ランが誰よりも似合う、なんて表現したらそれだけでも〝委員長〟なんてあだ名が付きそうなんだけど、委員長と呼ぶには華やかすぎる容姿がそこにある。  普通はメガネでちょっと隠れる気がするんだけど、全然隠れてない。寧ろ美貌がはみ出してる。  話口調も穏やかで誰にでも優しい奴だから、隣のクラスであるはずの室屋が俺のクラスの女子たちの人気を根こそぎかっさらっている。 「梛原くんもごめんね、いつも奈央が迷惑かけて。背中痛かったでしょう」 「迷惑ってなんだよ! そんなこと思ってないよな!?」  子供みたいに俺にしがみつく生田に苦笑する。 「思ってない。でも、室屋の言うことも分かるから、お前もあんまり無理すんなよ。俺だって心配になるからさ」  な? と生田の肩を軽く叩くと、生田は諦めたように小さく息を吐いた。 「分かった、ごめん」 「謝んなよ、悪いことしてねぇんだし」 「梛原ぁ! 俺梛原大好きっ!!」 「おーれも」  抱きついてきた生田を抱き返すと、生田の肩口から優しい目をした室屋と目があった。言葉なくその目が〝ありがとう〟と語っていた。  室屋は優しい。あまり関わったことのない俺にも、クラスの女子にも、みんなに優しい。だけどその根底はすべて生田に繋がっていて、室屋の一番はいつだって生田なのだ。 『生田くんが羨ましいよねぇ』  そんなことを言っていた女子の言葉をふと思い出す。その会話を聞いたとき感じた思いは、紛れもない共感だった。  俺は、室屋に恋をしている。
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!