#20 永遠:きみがいて僕になる

16/17
358人が本棚に入れています
本棚に追加
/229ページ
 ふと由璃子の方を見ると、事務所の面々に囲まれて嬉しそうに話していた。 「あら、由璃子さんつかまっているけど」  おどけてわざとそんな風に言った麗華だったけれど、透矢は本当に面白くないような顔をしていた。 「あなたは素直で可愛らしい人ね。本当に由璃子さんが好きなのね」 「結婚式で嫉妬する新郎なんてね、まったくだよ、透矢くん」 「いや、あの……僕もまだ今日は彼女とあまり話していないから。突然だったし、彼女も戸惑っていたし……」 「そういえばそうね。到着した途端に私が着替えに連れ去ったから」 「家に帰ったら、今日のことをふたりでゆっくり話すといいよ」  それでもやはり、みんなに囲まれて本当に楽しそうに笑っている由璃子の姿に、透矢も嬉しさがこみ上げてきて。  丸い大きな目をくしゃりと潰して笑う彼女の顔を見ていたら、どうしようもなく幸せで愛おしくてたまらなくなって。
/229ページ

最初のコメントを投稿しよう!