No.1 エプロン

1/14
2113人が本棚に入れています
本棚に追加
/1418ページ

No.1 エプロン

 つまらないことで恋人の悠一と喧嘩をした。  きっと今夜は部屋には来ないだろな。不覚にも涙が零れそうなる。  何でいつも喧嘩になっちゃうんだろう……  私は悪くないと思う。いつも勝手に怒るのは悠一の方だ。 「あんな奴知らない!」  そう言いつつも、会社かえりにスーパーに寄っている私。  情けないな。きっと悠一は来ないのに。 「玉ねぎと卵はあるから、あとは鶏肉を買って」  カゴを片手に精肉コーナーへと移動する。  気が付けば悠一の好きなオムライスの材料をカゴに入れていた。  結局私は悠一が好きで仕方ないんだな。 「ケチャップはあったっけ……」 「お姉さん!」  後ろから聞き覚えのある声がした。 「良平君」 「こんばんは」  良平君は屈託のない笑顔でこちらを見つめている。  Tシャツに所々破れているジーンズにスニーカー。トートバックを肩から下げていた。
/1418ページ

最初のコメントを投稿しよう!