梅雨が明けるころ、急に帰ってきて

彼はいつも急に来て、すぐに帰る人だった

20 221

ホラー 完結
12分 (6,952文字)
これはどのジャンルにしようかな? 迷うな。でもやはり、そうだな。あれだよな。

あらすじ

結婚して5年。 今でも人がうらやむほどの夫婦。まるで新婚の様にアツアツだ。 でも、彼って、とても優しくて素敵な旦那様なんだけど、結構慌てんぼでせっかち。すぐになんでも忘れ物をするし、傘は電車に置き忘れ

シチュエーション

タグは登録されていません

感想・レビュー 3

仕事の鬼の旦那様。 ネタバレ感想です~

仕事の鬼なのに、ちょっとの合間にも会いに来てくれるなんて、めちゃめちゃ愛されてるんですね…… でも、奥様としては不満なのですね? え・・・・・? ラストにびっくり・・・・・ 狐につままれたみたい・・

何故か悲しい・・。

拝読し終わって、確かにホラーなのですが なんとも余韻の残る切なさを感じました。 怪談話なのに怖いだけで終わらない、切ない愛の物語・・。 それがとてもももたろうさんらしい気もします。 奥さんの愛がいつま

ラストが私には衝撃でした

ももたろうさんのエッセイを 読ませてもらっているので この作品も明るい感じかなぁって ジャンルのとこを見ずに 読ませてもらってました 最後が えー❗って言う感じで 背筋が寒くなりました ももたろ

その他情報

公開日 2019/7/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る