女子サッカー小説覚書

女子サッカー小説「蹴鞠少女はひとりではない」の設定集です

6 352

33分 (19,549文字)

あらすじ

女子サッカー小説「蹴鞠少女はひとりではない」がどうやって生まれたか 登場人物、舞台、時代背景などを網羅します 誰が誰だかわからなくなったときの字引になれば幸いです

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品