小さな英雄

娘にとってテイトは友達であり英雄だった

33 801

13分 (7,697文字)
超妄想コンテスト『ひんやり』の応募作品です

あらすじ

東京から九州の田舎に引越した私達。ある事情から友達がなかなか作れなかった娘の為に子犬のテイトが家族になった。 ある時、自宅が災害に巻き込まれ娘に危機が迫る。その時小さな英雄が娘の命を救ってくれた。しか

タグ

感想・レビュー 4

自然の驚異 (ネタバレ感想です)

なんてこと…… 災害はいつどこで起こるか分からない。 もしも大切な家族が知人が巻き込まれたりしたら…‥と思うと決して他人ごとではありませんね。 どうなってしまうのか怖くて心配でヒンヤリの文字を見るた

人と共にある存在

大昔から犬やオオカミは、人間のパートナーだったそうですね。 今回はそんな御先祖の血を引いた、小さなポメラニアン、テイトのお話。 物語の「承」である部分から、状況は一転します。それも一瞬で。正に「何が

人は何故、犬とともに在るのか。

犬は遥か昔から、人間とともに生活をしてきました。 犬にとってのそれは、犬同士で居るよりも人間と居る方が遥かに生存確率を上げられるという戦略もあった事でしょう。 では、人間の側はどうなんでしょうか? 人
もっと見る

その他情報

公開日 2019/7/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る