秋山先輩の、気持ち。結月ちゃんの、告白。

2/21
60人が本棚に入れています
本棚に追加
/144
 夏休みのあの日から、私達六人はぐっと距離が縮まって、互いに名前で呼び合うようになった。もともと、男の子同士、女の子同士は名前で呼び合っていたけれど、今は女子と男子の垣根が無くなった感じ。二学期は時間が瞬く間に過ぎてしまって、気が付けば、もうすぐ冬休みだ。 「穂花ぁ、新奈ぁクリスマス空けとけよ。六人でクリスマスパーティーする予定だから」 「クリスマスパーティーいいね! 空けとくー!」 「いいねぇ! 昇段試験と試合後だから安心して参加できる~」 「あ、弓のやつ?」 「そうそう、初段受けるんだよ! 湊君は参段受けるって言ってた」 「へぇ、なんか段位とっちゃうとか格好いいな」 「穂花毎日練習してるから試合でも活躍出来ちゃうよ~」 「足引っ張らないように頑張るよ~」  陽平君と新奈と話を弾ませていると、結月ちゃんが教室に入ってきた。いつもは私の机に来てから自分の席につくのに、今日は真っ直ぐに自分の席につく。 「結月、機嫌悪そうだね」 「うーん、機嫌悪いっていうより、落ち込んでる感じしない?」 「確かに、あぁいう結月見るの初めてだぁ」  先輩と何かあったのかなぁ、と新奈が耳打ちをしてくる。昨日までは普通だったと思う。部活の日だったから何かあったのかもしれない。 「お昼に話してくれたらいいね」 「おはよって言いに行ってみよ」  陽平君が席に戻ってから、私と新奈は結月ちゃんの席に向かう。結月ちゃんは机の上に突っ伏していた。 「結月おはよ」 「おはよう~」  結月ちゃんはちょっと顔を上げた。「おはよ」と短く返してくれる。でもまたぱたりと突っ伏してしまった。少しだけ、目が赤い。 「結月ちゃん、寒いけど、今日は藤棚でご飯食べよう」  藤棚はいつの間にか私たちが教室では話しにくい深い話をするときに使う場所になっていた。真冬のこの時期は、外に出る生徒も少ないので、余計に話しやすい。 「……うん、ありがと、ちょっと聞いて」 「うん」  新奈と私は頷いて、自分の席に帰る。すると、秋月先生が入ってきてホームルームが始まった。
/144

最初のコメントを投稿しよう!