46.木枯彼女

風が吹いても、たぶん桶屋は儲からない――そう、二人の住む町ならね。

戸川桜良

恋愛 完結
2分 (974文字)
1話1000文字以内のほっこり恋愛短編『雪中彼女』シリーズ、第46弾! 完結までもう少しと思うと少し寂しいかも…

4 362

あらすじ

木枯らしの吹く十一月も末のこと。 コートにマフラー、防寒ばっちりの『彼女』が、うっかり手袋を忘れてしまったゾ☆ さあ、『俺』はこの事態にどう対処する? 「冬場でも、発熱機能を搭載しておけばいつ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る