1/13
136人が本棚に入れています
本棚に追加
/212ページ

*** 「ボクね、大きくなったら、先生のお嫁さんになる」 「ふふっ。それを言うならお婿さんね」 「そっか。じゃあ、ボクがお婿さんで、先生がお嫁さん?」 「そういうことになるかな。紫雲(しうん)君、先生のことお嫁さんにしてくれるの?」 「うん。だからこれ……」  紫雲の背後から、真っ白な輪っかがゆっくりと姿を現す。  小さな両手で大切そうに持ち直すと、しゃがんでいる美空(みそら)の頭に、紫雲はそっと、それを乗せた。 「ボクが大人になるまで、待っててね」 「わかった。ありがとう」  美空は、頭の上に乗せられた純白の花冠(はなかんむり)に手を添えると、嬉しそうに紫雲の頭をくしゃりと撫でた。 ***
/212ページ

最初のコメントを投稿しよう!