1/1
434人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ

   その村から見える海は、一年を通してずっと灰色をしているそうだ。  これから後の人生で、再びその村を訪れる事はあるかと問われれば、おそらく僕は「ない」と答えるだろう。  しかし困った事に、僕はどこにいても海を見る度、その村のことを思い出してしまうのだ。  しもつげ村の、カナメ石。  不思議な村の、不思議な石にまつわる話である。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!