start

1/4
343人が本棚に入れています
本棚に追加
/223ページ

start

d8e99f76-4dc7-416d-ade3-c5380b9f3717  誰もが、あいつを一目見るなり「なんて美しい人なんだろう」と口にする。  でも実際、あいつはとんでもない美人だ。  雪のように白い肌は艶々と輝き、彫刻家が命を懸けて創造したかのような麗しい容貌は、誰より高貴で美しい。  けぶるように長い睫は瞬きの度にパサパサと音がしそうだし、ほんのりと色付いた頬やサクランボ色の唇はぽってりとしていて、無条件に吸い付きたくなる。  あいつと恋人になりたい、友人になりたい、何でもいいからとにかく繋がりを持ちたい。  どんなに他愛なくても――――せめて、挨拶だけでも交わすような仲でも構わないから……知り合いになりたい。  誰もが皆、そう願っている。  それが本当に、ムカつく!  腹が立つ!!  オレは、あらん限りの敵意を以って、18も年下のあいつを睨み付ける。 (ガキのクセに、生意気なんだよ! )  そんな意思を込めて。  しかしあいつも、視線だけで射殺すような勢いで、オレをいつも負けじと睨み返してくる。  オレたちは、仇敵のような間柄だ。  そもそも、あいつとはどういった経緯で出会ったのか? どういう繋がりなのか?  これは、説明すると長くなる。  何故なら、あいつとは、親同士の因縁から始まるからだ。  オレの親父は九条凛という名で、アルファの中でもトップクラスの名家の家系にあたる、由緒正しい家柄のアルファだ。  母親も同じく名家出身のオメガの女で、二人は家同士の吊り合いで選ばれ、そして結ばれたらしい。 ――――残念ながら、母はオレがまだ幼い頃に亡くなってしまったが――――。
/223ページ

最初のコメントを投稿しよう!