煌きは永遠に

「いつもどこまでも 僕は君の星でありたいんだ。」

4 90

9分 (4,864文字)
何かに挫折した方の心に、そっと。

あらすじ

芸術家を目指していた男は、ある日夕陽を見て、次の日の朝、自殺をする事にした。 死に支度を終え、外に出て夜の街を眺める。 男は夜の深さに恐怖して、星に尋ねた。 すると一つの星が男に話しかけた。 星も男も

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/7/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る