見飽きた光景

1/2
392人が本棚に入れています
本棚に追加
/92

見飽きた光景

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 「…………は?」 気が付けばそこは深い森の中だった。遥か頭上を覆う程の木々に囲まれた森の中は薄暗く、じめじめとした湿気が満ちていた。 いやいやいやつーかどこだよここ、そもそも何で生きてんだ? 俺は確かに電車に轢かれた筈だ。車輪と線路の間で体が粉々になるのも感じた。 それなのに、なんで俺はこんなところにいるんだよ。 とりあえず、体を起こして自分の体を確認してみる。 服装に変化は無かった。ついさっき……と言っていいのかはわからないが電車に轢かれて意識を失う直前と変わらぬ恰好をしていた。 「……あーこれは、あれか。もしかして」 ここにきてとある一つの可能性にたどり着く。勿論こんな考え荒唐無稽であり得ないものだと頭では分かっているつもりだ。 だがそもそもの話、俺はついさっき確実に死んだ筈。それがこうして見知らぬ土地で目を覚まし、息をして、こうして頭で考えを張り巡らしている。これが夢ならそれならそれでいいんだけど、今見て、感じているこの景色が現実だって言うのならそういう可能性も考慮しないといけない訳で。 「…………」 無言で辺りを見渡す。周囲には人影どころか動くものすらいない。耳を澄ましてみても聞こえてくるのは草木が風で揺すられ擦れる音だけだ。 周囲には誰もいない……よし。 「あー、コホン」 一度小さく咳払いした俺は意を決してとある言葉を吐き出した。 「ステータス、オープン……」 ……。 …………。 ………………何も起きない。 ……おい、何だこれ滅茶苦茶恥ずかしいんだけど。周りに人がいなくてほんと良かった。何だよそういうんじゃないんかよ。 それとも俺の言い方の問題か? たった一言で折れそうになった自身の心を強く持ち直し、今一度……少し大きめの声で例の台詞を口にしてみる。 「ステータスオープン!!」 ……。 「スッテータスッ! オーップンッ!!」 ……。 「スティタァスゥ、オゥプンヌ」 ……。 はあはあはあ、クソッ軽く死にたくなってきた! いやでもここで諦めたらここまでに晒してきた痴態がなんの意味も持たなくなってしまう!! つーかどうせ誰も見てないんだし、恥もへったくれもないみたいなもんだ。こうなりゃ身振り手振りも合わせていくらでも挑戦してやるぜ。 なんか一線を超えたことで逆に楽しくなってきた俺はさっきの台詞に加えて、国民的特撮ヒーロー1号の変身ポーズを取ってみる。 「ステータス! オォォォプン!!」 ビッシィ!! と、完璧なポーズをとる俺の前にはお望みの物は現れなかった。 代わりに……怪訝な表情でこちらを見つめる少女が一人、俺の正面に立っていた。
/92

最初のコメントを投稿しよう!