HAPPY×∞ BIRTHDAY PARTY🎂

1/6
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/6

HAPPY×∞ BIRTHDAY PARTY🎂

数日前。 同じアパートの住人である臣くんは6月12日に二十歳に、牧田くんは7月28日に29歳になったのだと知った。 なので8月某日、遅れ馳せながら合同でバースデーパーティーを開かせて頂く事となった。 その際僕一人ではホスト役は心許なく思い、臣くんと年齢的にも近く、仲も良い蛇塚くんも誘わせて貰った。 四人の予定を照らし合わせた結果、金曜の夜がベストなんじゃないか、という事になった。 そして多少騒いでも大丈夫そうな場所、という点も考慮した結果、カラオケボックスが良いんじゃないかという話に落ち着いた。 「じゃあ僕は予定があるので、今日は定時で上がらせて貰いますね。」 パーティー当日。 白衣を脱ぎながら、僕は言った。 すると直属の上司である課長が、ゆるゆる、フワフワな笑顔で聞いてきた。 「珍しいね、久米くんが定時で帰るの。  何があるの?」 ほんの少し煩わしく思いながらも、会話をちょっとでも早く切り上げたくて、顔面に笑顔を貼り付けて答えた。 「同じアパートの人たちの、バースデーパーティーです。」 すると課長はにっこりと微笑み、言った。 「へぇ、そうなんだ。  僕の誕生日は、来月だよ。」 聞いてない、課長には。 ...っていうか、どうでもいいし。 ほんの少しだったはずの煩わしさが、一気に頂点まで急上昇した。 だから僕は笑顔を返し、答えてやったのだ。 「あは、そうなんですね。  ...永遠にお母さんの胎内に、居てくれたら良かったのに。」 課長の眉間に、シワが寄る。 そして彼の口から吐き出された、言葉ですらない低い音色。 「...はぁ?」 こぇぇぇえっ!! ...しまった、やり過ぎた。 身の危険を感じ、一歩後退した。 すると慌てた感じで金田さんが走ってきて、課長を背後から羽交い締めにし、捕獲してくれた。 「ちょ...、久米くん、時間ない癖に何喧嘩売ってんのっ!  ホント、勘弁してよ...、もう。  急いでるんだろ?  早く行け、俺の力じゃ長時間は押さえきれないからっ!」 「えっと...、お先に失礼しますっ!  金田さん、すみませんっ!」 課長の咆哮が耳に届いてはいたけれど、心の中で金田さんにそっと手を合わせて。 ...僕は言うが早いか、研究室から勢いよく、脱兎のごとく駆け出した。 待ち合わせの時間は、18時ジャスト。 アパートから最寄りの駅前の、銀色をしたオブジェの前に集合予定だ。 課長の相手をしていた為、割とギリギリになってしまった。 少しだけ早足で、目的の場所に向かう。 でも足取りが早くなってしまうのはきっと、遅刻しそうなせいだけじゃない。 ワクワクする気持ちをおさえる事が出来ず、自然と口角が上がりそうになるのを感じ、無理矢理表情の筋肉を引き締めた。
/6

最初のコメントを投稿しよう!