スーツ改定版 俺とお前と犯人と

1/1
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/1
「警部! 二人が到着しました」   警察官1が警部に告げた。   警部の顔は苦虫をつぶしたような顔だ。  俺たちがそんなに邪魔かよ。  俺は相棒の顔をちらりと見た。ガタイのいい相棒は気にしてないようだ。  よかった、後輩は大切にしないとな。あれ、こいつ、おニューのスーツか!洒落てるじゃないか。スリーピースでキマッてる。 ま、かくいう俺もおニューのスーツだけどな。 見てくれ、俺を…… 俺は背広のボタンを開けて、えりをパンと張った。 ーーふ、キマッたな。 俺はちらっと相棒の顔を確認した。クチビルの左端が歪んでいる。 ーー俺より目立とうなんて100年早い。(俺ももう1着スーツつくるか) 俺たちは現場の奥の方へ進んだ。  俺たちはエービーコンビと言われている。 俺がエーの栄一。あいつがビーのビルだ。 あいつがビルと言われている理由は知らない。 知りたかったら今度聞いておくよ。 「被害者は? 」 俺は聞いた。 床に寝そべっているのが被害者だ。 見ればわかる。 でも一応聞くのが現場の規則だ。 なぜならば、被害者は一人とは限らないからだ。 「女性一人。腹部を刺されています。」 近くにいた警察官2がおれに教えた。 「それと……ダイイングメッセージのようなものが」 「なに! ダイイングメッセージだと! 」 俺とビーは色めきだす。 そうこなくては!来た甲斐がない。 「あれです」   警察官2は案内する。 「あれ? 先輩、あれですか?」   相棒のビーが先に反応した。 「あの二つの記号のような?先輩、みえますか」   床には指で書いたと思われる、赤い血文字が残されていた。 英語のUを二つ書いたのか。それとも…… 「おしり!これ、おしりじゃね!」   俺は閃いてつぶやいた。 これで一気に事件は解決だ。 「いや、先輩。これはフタコブラクダのこぶですよ」 「どう考えてもおしりだろ」 俺とビーは意見を出し合う。 「きみたち、ふざけているのか」   警部がやってきて眉をひそめた。 「そんなにふざけたいなら、来なくていいい!帰れ!!」  警部の雷が落ちた。  俺とあいつは全く心に堪えてなかったが、「はあ」とだけ返事をした。 返事をするのが社会人のたしなみだ。 覚えておいてほしい。いかなるときも返事は大切だ。 「どうみてもあれはmだろ!」  警部は俺らの背中越しに吐き捨てるようにいう。  警部殿は男の更年期なのかもしれないな。大丈夫だ、俺は理解あるぜ。 男だってつらいんだ。 「フッ、これでもう事件は解決さ」   俺は昨日切ったばかりの前髪をさらりと流した。 我ながらかっこいいと思う。 「先輩もわかったんですね、さすがです」   ビルはニヤリと笑った。  後輩のくせにどこまでも上からの発言なのが気に入らないが、俺は大人だ。そんなことでは怒らないさ。 俺は「帰るぞ」と相棒のビーにいう。 「おい! おまえら!! 勝手に帰るな!! 」   警部の声が現場に響く。 「犯人が分かったなら、言っていけ」  ドアを開けようとしている俺たちに警部はいう。   バカだな、言うわけないじゃないか。 そしたら面白くないだろう。警部殿はわかってないな。 「はははは」  俺とビルはふたりで一度くるりとターンをし、背広の前を開け、ポーズをとる。ここは一発ウインクもしとくか。 警部はバタンとドアを閉めた。
/1

最初のコメントを投稿しよう!