拝啓

あなたがいなくなったら寂しい

29 426

11分 (6,026文字)
君が先に泣いてくれたから、「あぁ、僕はこの人を守らなければ」と、最後まで背筋を伸ばしていることが出来たんだ。

あらすじ

私はあんなにも我儘を言ったのに、あなたが私にお願いしたのはひとつだけでした。 「僕の棺に、花束を入れてくれないだろうか。後で君が来た時に、手渡せるようにしておきたいから」 こんなにも優しいお別れの

キャラクター

タグは登録されていません

その他のキーワード

感想・レビュー 2

読む者に、自分の人生を振り返らせる

『こんなに綺麗な日に旅立ったのは、私を寂しがらせないためですか』 この文章が目に入った時点で、これは出先で読むものじゃないと、僕は一旦読むのをやめました。 綺麗な言葉で「寂しくないよ」と言っているよう

等身大の命

カナメくんの久々の新作 そこには等身大の命が描かれていました 決して飾らない去りゆくモノと残されたモノ 残されたモノではなく、生きるモノ 会えるものならば、会いたい ドアを開けたらそこに立っていて欲し

その他情報

公開日 2019/8/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る