金曜日のライ麦パン

わたしの中にライ麦パンが降り積もる

朋藤チルヲ

恋愛 完結
12分 (6,858文字)
妄想『人ごみ』

4 860

あらすじ

超・妄想コンテスト『人ごみ』参加作品です。 食べたライ麦パンが消化されずにどんどん体内に蓄積されていく、そんなパニック・ホラー的なお話ではなくて、純粋な片想いの物語です。

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

巧みな表現力

無口なオーナーさんと、オクテのヒロイン。 その二人の魅力を自然にひきだして、 読者をひきつけ、思わず応援したくなり、 ヒロインと共にドキドキしながら、話しに惹きこまれてゆきます。 ですからこの素敵な読
1件1件

ささやかな

きっかけも理由も習慣も、その思いさえもささやかで、二人の片想いが結実する前の心細い不安な輝きを、過不足ない表現の美しさで描いたラブストーリー。 恋愛小説なのに実はメインの男女がひと言も会話を交わさな
1件1件

キラキラしてるー(〃ω〃)

ああ、なんてキラキラしたホラーなんでしょう。とてもニヤニヤしてしまう……(〃ω〃)もうキラキラなライ麦パンで胸がいっぱいだー!
1件1件

この作者の作品

もっと見る