あなたの冷たい手を温めるのが、僕であることを願って良いですか?

妄想コンテスト「ひんやり」応募作品。

2 71

SF 完結
11分 (6,471文字)
優秀作品に選んでいただきました。 ありがとうございます。

あらすじ

もともとHPで長編のスピンオフとして書いていた物を、設定を改めて掌編にしたもの。 未来の地球。 ヒューマノイドやサイボーグが当たり前にいる時代。 研究者と心通わせるロボットには、そうなった理由があっ

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

冷たい手の中にある温かさ

ヒューマノイド主人公のラブロマンスです。 未来の世界観のリアリティがいいです。 切なくもあります。 ラスト後味よく、心が温まります。

その他情報

公開日 2019/8/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

永遠の涙

SF 完結 過激表現
12分 (6,882文字)
もっと見る