沖田と原田 VS.辰巳

12/13
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/13
「坊・・・」  沖田の呟き。その沖田には、「菊一文字」の柄が差しだされている。  不覚にも、原田はなにもいえなかった。ただ呆然とそれをみるしかなかった。  片膝ついて控えた姿勢で、右の掌には槍の太刀打ちを握り、左の掌には刀の峰を握り、それぞれの持ち主へさしだしている相手。
/13

最初のコメントを投稿しよう!