コオロギの牙

1/3
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/3

コオロギの牙

 『コオロギおじさん』と、呼ばれている老人がいる。  街外れに、彼の家があるという。  小学校の友達も、よく見学に行くらしい。 「世界中のコオロギを集めているぞ」  と、噂になっていた。  面白そうなので訪ねてみた。友達はもう見たので、自分一人だ。  木造の一軒家で、窓もドアも開けっ放し。とても古く、庭も草ぼうぼうだ。 「失礼しま~す」  大きな声を出して、中に入った。  部屋の中は、ヒンヤリとして涼しい。  ザーッ、と水を流す音がした。 (トイレ中だ)  スーッと中に入り見渡すと、確かにコオロギが、小さな箱に分けられて、数多く飼われている。  いろいろな泣き声が聞こえてくる。 (スゲーよ!)  1つだけ、鉄製のケースで真新しい。  籠の入口に(かぎ)がかかっていた。 (なんでだろう?)    1匹、中にいた。    そいつは、必死に目の前の餌を食べようとして口にはさむが、こぼしている。  右手をケガしているのか、ガタガタ前進しては転んだ。  僕の目を見つめてきた。   (ケガして治療中なんだ。かわいそう、食べさせてあげたい!)  と思った。  
/3

最初のコメントを投稿しよう!