自分の気持ちが分かりません。

1/36
2613人が本棚に入れています
本棚に追加
/261

自分の気持ちが分かりません。

『京ちゃん、可愛いね……キスしよう……』 『あ、一臣……キスは恥ずかし……』 『大丈夫。京ちゃんの唇、柔らかくてとても気持ち良いから……』 『ん……』 ーーピピピピピピピピ‼︎‼︎ いつも通りの時間にセットしていた携帯のアラームに叩き起こされる。 夢から覚醒した俺は、起きて早々、バッと頭を抱えた。 「なんっだ、今の夢!」 俺はどうかしてしまったのか⁉︎ 相手が女の子ならまだしも、男友達相手にこんな夢見るって! いや、昨日一臣が俺に告白してきたからだ!それでつい! ……でも何で夢の中の俺、まんざらでもなさそうだった⁉︎ そんな気持ちで、朝から俺の頭の中はパンク寸前だった。 「すっごい顔」 通勤用の半袖ワイシャツとチノパンに着替えた後で食堂に顔を出すと、泉さんが俺の顔を見て、開口一番でそう言ってきたのだった。 変な夢で目覚めた俺は、朝からよっぽど疲れ切った顔をしていたのだろう。 「そ、そんな変な顔してました?」 してた、と答えながら、泉さんはスクランブルエッグが乗った皿をテーブルの上にダンッと置く。そして。 「言っておくけど、一臣さんに頼まれたから仕方なく用意してやっただけだからな!」 と言う。 ……ということは、これはつまり、俺の分の朝食? よく見たら、スクランブルエッグだけでなく、パンにバター、コーンスープなどがーー三人分、並んでいる。 「す、すみません。ありがとうございます」 「一臣さんに頼まれたからだっつってんだろ!」 「は、はいっ。それはそうなんですがっ」 そんな会話をしていると、食堂に一臣が入ってきた。 昨日と同じく、パリッとしたスーツ姿。さすがにスーツの上着は脱いでいるけれど、それでもキリッとしていて、立っているだけで雰囲気がある。 「おはよう。どうしたの? 朝から盛り上がってるね」 特に気にした様子もなく、笑顔でそう言いながら昨日と同じ席に着く一臣。 別に盛り上がっていた訳じゃないんだけど……という言葉は胸の内にとどめておく。
/261

最初のコメントを投稿しよう!